亀山御坊本徳寺様

 

【亀山御坊本徳寺】浄土真宗本願寺派 兵庫県姫路日亀山三二四

正月休みを利用して姫路にある御坊さん二ヶ寺、亀山御坊本徳寺(かめやまごぼうほんとくじ)様(本願寺派)と 船場別院(せんばべついん)本徳寺様(大谷派) に行ってきました。

本徳寺は蓮如上人の弟子で御堂衆(みどうしゅう)であった空善(くうぜん)が開基(かいき)で、元は英賀(あが)という土地にありました。

羽柴秀吉の西国攻めに伴い亀山に移動し、江戸時代になってこの地を治めた本多忠政の船場の土地寄進により、大谷派本徳寺が分立しました。

亀山御坊本徳寺本堂

まずは亀山本徳寺様のお話をしたいと思います。京都から電車で約一時間半姫路駅に降り立ちました。北側に出ると駅から白鷺城(しらさぎじょう)と呼ばれる白く美しい姫路城が正面に見えます。そこから西の方に進むと山陽電車の山陽姫路駅から二駅目 の亀山で降りてすぐのところに本徳寺様はあります。

塀に沿って歩いて行くと入口に向いま す。門前の道は石畳で整備されていました。まずは立派な大門をくぐり境内に入 ります。本堂は大門を入ってやや左手に あります。

この本堂は元々京都の西本願時の阿弥陀堂の北側に並んで建っていた 北集会所(きたしゅうえしょ)と呼ばれた建物です。明治六年(一八七三年)三月に移築されたものだそうで、明治維新(めいじいしん)では本堂が新撰組の屯所(とんじょ)になっていたそうです。

柱に残る刀傷

実際その時の刀痕(かたなきず)が本堂右外側の柱にありました。触ってみることもできるのでいささかその時代を回想して興奮してしまいました。

平 成十六年(二○○四年)六月九日と十日には、ここでNH K大河ドラマ「新撰組」の撮影が行 われたそうで、撮影風景のポスターも貼(は)ってあり、山本耕史さんや藤原竜也さんの姿も見受けられました。

本堂自体は浄土真宗の本堂には珍しい妻入りで奥行の長い建物です。お正月なので白幕が張っ てありました。堂内に入ると、きれいに修復された直後のようでしたが、照明が少し暗めでしたので、荘厳な雰囲気でした。

境内にはいろいろな建物があります。 まず、本堂向かって左には蓮如上人の御木像が安置した中宗堂があります。堂内 に入ると蓮如上人の木像が御厨子に安置されていました。

他の建物では、兵庫県指定文化財であ る八角輪蔵を持つ経堂(きょうどう)があり、本山の経堂(きょうどう)と非常に似た造りとなっています。反対側には書院大広間などがありますが、 特に大広間上段の間を見上げると素晴らしい花の丸の絵が描かれておりました。

今回、お寺を回るのに手書きで書かれた案内地図を参考に回りました。印刷さ れたものが主流ですが、こうした手書きのものは心がこもっていて大変親しみがもてました。次回は船場別院本徳寺様をご紹介したいと思います。