「月刊 香華堂報より_浄土真宗ご旧跡めぐり」カテゴリーアーカイブ

大谷派 上宮寺様

愛知県岡崎市上佐々木町梅ノ木34番地

上宮寺様本堂

今回は、お得意様の紹介で愛知県岡崎市の上宮寺様にお参りしてきました。事前に連絡していましたので、副住職である若院様が丁寧にご案内してくださいました。

最初に庫裏へ通され、そこでパンフレットを頂きました。パンフレットにはお寺の由来が書かれてあり、それによると、仏法興隆のために全国を巡行されていた聖徳太子が、この当地で霊樹を見つけ、その霊樹に自らの像を彫り一宇を建立し、仏法具弘通(ぐつう)の地とされたとのこと。後に天台宗の寺院となったが、第二十三代住職の蓮行が親鸞聖人と出遇い、浄土真宗に帰すことになったことが記されていました。

次に本堂に向いました。本堂は近代的な建物で昭和六十三(一九八八)年の火災後に再建されました。この本堂はインドの精舎(じょうじゃ)をイメージして設計されたそうです。

本堂正面上には「上宮精舎」と書かれた扁額(へんがく)がはめこまれています。 本堂の参拝席は椅子席です。向かって右余間に聖徳太子像があり、その左には親鸞聖人が安置されています。

聖徳太子像も火災で焼失したそうとのことですが、焼失する前に修理をお願いした仏師さんが聖徳太子像の図面を正確に採寸されていたらしく、その図面を元に聖徳太子増を復元されたそうです。火災で沓(くつ)だけがかろうじて残っていたので、それを体内に入れてあるそうです。

二〇一六年に親鸞聖人七五〇回忌法要を厳修され、その記念として親鸞聖人像を新調。京都の東本願寺本山からこの地まで徒歩で二週間かけて運ばれました。

上が蓮如上人、下段は上宮寺第三十代住職如光

ご本尊に向かって左側の壁には蓮如上人と上宮寺第三十代住職如光の二連座像の大きな写真が飾ってありました。実際には掛軸があるそうですが、貴重であるため、大きく複製したものを本堂内に掲げておられます。

この如光という方は、大谷本願寺が比叡山より弾圧されていた時に、親鸞聖人の御真影も奪われた時に、単身比叡山に乗り込み、相撲をとって勇力を見せつけ、御真影を取り戻したと使えられる人物です。別の記録では比叡山に多くの礼銭を送り蓮如上人の危機を救われたとも伝えられます。

そのような功績から御真影の裏に「三河如光ノ寄進」と記され、この掛軸を蓮如上人から贈られたそうです。

佐々木月樵先生

次に宝物館を案内していただきました。数ある宝物の中で特に印象深かったのは、佐々木月樵先生の肖像画です。自分も大谷大学を卒業した身ですから3代目学長のお顔を拝顔すると身が引き締まります。

佐々木先生は清沢満之先生を師と仰ぎ、私塾「浩々洞」にも参加し「精神界」の発刊にも尽力されました。文部省の欧米視察でも宗教分野の代表として私立学校からの唯一の団員として参加したそうです。機会があれば、他の三河一向一揆三ヶ寺(本證寺様、勝鬘寺様)にもお参りできればと思います。

【広島別院】浄土真宗本願寺派

広島県白志摩市中区寺町一-十九

広島別院本堂

広島へ旅行に行きましたので、本願寺派の広島別院にお参りしました。広島駅に新幹線で到着し、各駅停車のJR普通 電車に乗り換え横川駅に到着、そこから 南に十分程歩いたところに別院はありました。周辺にもお寺が多く、住所を見て も寺町となっているので、元々お寺が多 い地域なのですね。

別院の建物は鉄筋造 りで、門をくぐると空にそびえる三角形 の大屋根が出迎えてくれます。ご存知の ように、昭和二十年(一九四五年)八月 六日、広島市に原爆が投下され、この広島別院もすべての堂宇が焼失しました。

再 興された本堂を見上げると、よくぞ再興されたな と思いつつ、多 くの方々のご苦 労や想いがこの本堂にはつまっているように思いました。境内には他の 別院以上に、いくつもの忠魂塔や供養塔 が立っています。

 

親鸞聖人像

本堂内は椅子式の近代的な様式で、内陣もきれいに荘厳されています。参拝の栞(しおろり)に よると、平成二十三年に大ホールを備えた 門徒会館が完成し、安芸(あき)門徒の中心道場と して完成したようです。

その栞には、龍谷大学の学長をされていた信楽先生の興味深 い一文が載っていました。少し内容をご紹介しますと、「幕末に書かれた『芸藩通志(げいはんつうし)』 という安芸藩の文化や政治・経済全般にわたる調査資料の中で、安芸の国の真宗信者 は「家に神棚をおかず、病んで祈祷せず、 墓をたてず、位牌もおかない」それが真宗 門徒の習俗だというのです。

また別の記録 によりますと、安芸の国では間引きをしな かった。赤ちゃんを殺さなかった。だから、 昔から人口が過多であったので、隣の岡山 県へ「作州かせぎ」「津山かせぎ」という 出稼ぎがさかんでした。そして近代になる と、海外移民としてハワイ、ブラジルにい きました。

戦前、広島市内の中学校にお世話になっていた頃には、毎月十六日の親鷲聖人の御命日に全広島市内にわたって魚屋 も肉屋もすべて休業し精進していました。 この広島では真宗信心が盛んであり、それ が日々の生活までに浸透し、生かされてい たのです。(『安芸門徒の伝統』より)」

私の家も真宗門徒ですが、昭和五十年 代までは家の仏壇には位牌が置いてありました。それが幕末の頃には位牌を置かないなどの真宗門徒としての教えが徹底されていたことに驚くと同時に、その教 えが全国に広まったのではないかと思いました。

 

厳島神社

お参りを済ませ、広島名物の路面電車 で厳島神社に向いました。広島の路面電車は各地の電車が走っており、京都市内 を走っていたベージュとグリーンのツートンカラーの電車を見た時は懐かし さで感動しました。

次の日は原爆資料館や原爆ドームを見学しましたが、 小学生の息子には刺激がきつかったようです。次の日 は呉の大和ミュー ジアムを見学し帰路に着きました。

亀山御坊本徳寺

 

【亀山御坊本徳寺】浄土真宗本願寺派 兵庫県姫路日亀山三二四

正月休みを利用して姫路にある御坊さん二ヶ寺、亀山御坊本徳寺(かめやまごぼうほんとくじ)様(本願寺派)と 船場別院(せんばべついん)本徳寺様(大谷派) に行ってきました。

本徳寺は蓮如上人の弟子で御堂衆(みどうしゅう)であった空善(くうぜん)が開基(かいき)で、元は英賀(あが)という土地にありました。

羽柴秀吉の西国攻めに伴い亀山に移動し、江戸時代になってこの地を治めた本多忠政の船場の土地寄進により、大谷派本徳寺が分立しました。

 

亀山御坊本徳寺本堂

まずは亀山本徳寺様のお話をしたいと思います。京都から電車で約一時間半姫路駅に降り立ちました。北側に出ると駅から白鷺城(しらさぎじょう)と呼ばれる白く美しい姫路城が正面に見えます。そこから西の方に進むと山陽電車の山陽姫路駅から二駅目 の亀山で降りてすぐのところに本徳寺様はあります。

塀に沿って歩いて行くと入口に向いま す。門前の道は石畳で整備されていました。まずは立派な大門をくぐり境内に入 ります。本堂は大門を入ってやや左手に あります。

この本堂は元々京都の西本願時の阿弥陀堂の北側に並んで建っていた 北集会所(きたしゅうえしょ)と呼ばれた建物です。明治六年(一八七三年)三月に移築されたものだそうで、明治維新(めいじいしん)では本堂が新撰組の屯所(とんじょ)になっていたそうです。

 

柱に残る刀傷

実際その時の刀痕(かたなきず)が本堂右外側の柱にありました。触ってみることもできるのでいささかその時代を回想して興奮してしまいました。

平 成十六年(二○○四年)六月九日と十日には、ここでNH K大河ドラマ「新撰組」の撮影が行 われたそうで、撮影風景のポスターも貼(は)ってあり、山本耕史さんや藤原竜也さんの姿も見受けられました。

本堂自体は浄土真宗の本堂には珍しい妻入りで奥行の長い建物です。お正月なので白幕が張っ てありました。堂内に入ると、きれいに修復された直後のようでしたが、照明が少し暗めでしたので、荘厳な雰囲気でした。

 

境内にはいろいろな建物があります。 まず、本堂向かって左には蓮如上人の御木像が安置した中宗堂があります。堂内 に入ると蓮如上人の木像が御厨子に安置されていました。

 

他の建物では、兵庫県指定文化財であ る八角輪蔵を持つ経堂(きょうどう)があり、本山の経堂(きょうどう)と非常に似た造りとなっています。反対側には書院大広間などがありますが、 特に大広間上段の間を見上げると素晴らしい花の丸の絵が描かれておりました。

 

今回、お寺を回るのに手書きで書かれた案内地図を参考に回りました。印刷さ れたものが主流ですが、こうした手書きのものは心がこもっていて大変親しみがもてました。次回は船場別院本徳寺様をご紹介したいと思います。

真宗大谷派 城端別院善徳寺

 

城端別院本堂
城端別院本堂

【場所】富山県南砺市城端四〇五

出張で近くを通ったので、真 宗大谷派の南砺(なんと)市にある城端別院へ行きました。前日に近くの砺波(となみ)のホテルに宿泊したので すが、八尾(やつお)町も近くなので「お わら風の盆」のポスターがあちらこちらに貼(は)ってありまし た。八尾とも近い位置にあるのですね。

別院に向かうと、次の日から二日間、城端地区で「むぎや祭」が開催され、別院も会場になるようで準備の真っ最中でした。

城端地区の駐車場に車を止め、別院までのゆるやかな坂を上って行きました。いつもなら別院の境内に車を止めることができそうです。

さて、その坂を上っていくと、ま ず山門が見えてきます。山門にも賑々にぎにぎ)しく提灯が吊(つ)ってあり、境内には椅子が並べられていました。

城端別院山門
城端別院山門

 

本堂右側の対面所になっている建物から入り、左手に曲がり本堂へと向かいまし た。本堂はちようど漆塗工事の真っ最中 で、職人さんが内陣と外陣の境の柱の漆塗 をしているところでした。

また外陣では別 院の職員さんが掛軸を丸めて片づけられて いました。本堂内部の修復は、平成二十三 年度~平成二十九年度(平成三十年三月) まで行われる予定です。

仏具を見ると、欄 間や柱などが金箔できれいになり、今行わ れている工事が終わるともっときらびやか になりそうです。

特に特徴あるのがご本尊を安置する宮殿(くうでん)です。一般的なお東の宮殿 は、正面に唐破風(からはふ)の屋根がありますが、両側にも千鳥(ちどり)破風があり、屋根が多い形の宮 殿となっています。七尾仏壇の宮殿に似 ています。

他 には、城端別院のホーム ページを拝見すると法話に 力を入れてい らっしゃるようで、一年三百六十五日、休むことなく続 けられているそうです。継続は力なりですね。

 

蓮如上人腰掛石
蓮如上人腰掛石


外に出ると、祭
の準備で忙し い所を本堂向かって左手の宝物館に向いま した。しかしながら、本堂修復中のため拝観できませんでした。境内には蓮如上人像 とその前にある「蓮如上人腰掛(こしかけ)石」があり ましたので、それを見て写真に収めました。

前に立っていた立札によると「この石は廃村になった中河内道場にあった「蓮如上人 腰掛の石」と呼ばれている石です。中河内 では「安産石」と呼ばれていました。

その謂れは、「村の肝煎の娘が難産で苦しんでい たとき、この石の腰かけさせたところ安産 したという石であります。」と書かれていました。城端地区ではこの話を元に紙芝居をされることもあるようです。

 

城端地区はテレビアニメ「true tears」 の舞台となったところで、城端駅ではその アニメ関連のグッズも置かれているようで す。城端地区は全体に道が広く、町家の建物やお店があり雰囲気のある町です。今度 はのんびりと街を回りながら訪問したいで すね。

真宗大谷派 大垣別院開闡寺(かいせんじ)

 

【場所】岐阜県大垣市伝馬町十一番地

今回は真宗大谷派の大垣別院 を訪問しまし た。大垣教区にはお客様も多く、なじみ深い地域です。教区内の大谷派寺院数は四〇〇ケ寺以上有る大教区です。教区の教務所も別院境内にあります。

 

大垣別院本堂
大垣別院本堂

 

大垣別院は大垣駅から徒歩約十分。大垣城 や官公庁が近くにある大垣市中心部に位置 します。近隣の市営駐車場に車を止め徒歩 で別院に向いました。

別院に近づくと大きな 鉄筋造りの白い大きな二重屋根の本堂が見 えます。本堂に合わせて山門も白く、白い建物も清々しくていいですね。先ず本堂に 入りお参りをしました。

本堂内は天井が高く、 参詣席には椅子が並べてあります。本堂を見渡して特徴的なのは欄間(らんま)です。金属でで きているのでしようか、平らな天女像が三尊前にも両余間にも荘厳されています。

 

句仏上人の句碑
句仏上人の句碑


境内には幼稚園があり賑やかな声が聞こ えます。本堂を出て、改めて山門近くに行 くと「濃尾震災百年記念碑」がありまし た。そこには富永覚梁氏による「朝に寄せ る挽歌」の詩が刻まれていました。

この石 碑は、一八九一年(明治二十四年)十月 二十八日の早朝に起こった濃尾震災から百 年後の一九九一年に追悼の気持ちを込めて建立されたとのことです。この地震の影 響でしようか、大垣近辺のお寺様は鉄筋の 本堂も多く見受けられます。

濃尾地震百年記念碑
濃尾地震百年記念碑

 

本堂右横には別院にはおなじみの句仏上人の句碑もあります。俳句の文字は調べても分かりませんでしたので、またご存知の 方があればお教えください。

本堂内に「おおがきご坊」の寺報があり ました。それによると、一〇一六年五月、 ご門首を迎えて(ご親修)の親鸞聖人七〇五十回御遠忌法要が執り行われました

その際、 法要を勤めるだけでなく、そのよう用前には初参式と花まつりが 行われたり、六月から第二土曜日に「寺子屋ゴボちゃん」と名付けられた小学生対象の子供会が 開かれたりと、いろいろ工夫されているなぁと感じました。

その昔、大垣別院は「大垣御坊」や「ごぼさん」と呼ばれていたこ とから「ゴボちゃん」と名付けられたよう です。またその寺報には、別院に参詣された二十代から八十代までの八十人にアン ケートを取られ、「大垣別院を知っていま すか」とか、「大垣別院で法話を聞きたい ですか」などのアンケート結果が載(の)ってい ました。

今まで印象の薄かった別院をもう 一度地域の皆さんに馴染(なじ)んでいただくよう に努力されている様子がうかがえました。

行きは西門から入りましたが、帰りは南の細い道から帰りました。そこから見る別 院は白いお城のような存在感がありまし た。寺報で書かれているような物理的な存在感だけではなく、地域の人々がたくさん来られて馴染み深い別院になることを私も 願ってやみません。