「仏具の修繕・修復」カテゴリーアーカイブ

仏具修理出張編

 

右手、印を結んだ修理部分
右手、印を結んだ部分の古色仕上げ

仏具を制作される仏師さんのお仕事といえば、新調はもちろんのことですが、修理のお仕事も多いです。私はいつもお願いしている仏師さんが三名、その他に知己の仏師さんが三名ほどいらっしゃいます。

なぜそんなに多くの仏師さんとお付き合いしているかと申しますと、お客様がご希望される仏像の種類や大きさによって仏師さんの得手不得手があり、お客様のご要望によって依頼する仏師さんを変えるからです。

ですから、私の仕事をあえて横文字で言えば、仏像コーディネーター、仏像ソムリエとでもいえばよいでしょうか。今回はその仏師さんの中でも修理を得意とし、お寺様に出張してその場で素晴らしい仕事をされる仏師さんの仕事を紹介します。

今回ご依頼いただいたのは和歌山県の本願寺派のお寺様のご本尊、総高さ四〇㎝ほどの小さな阿弥陀仏様です。当初は、台座から倒れそうなのでしっかりと台座に固定してほしいという依頼でした。

ご住職が当店まで持参するとおっしゃっていたのですが、お預かりした場合、長くなると一ヶ月ほど本堂にご本尊がない状態になります。せっかくお寺にお参りした方々が残念なお気持ちになると思い、現地で修理することを提案いたしました。

お寺にお伺いしご本尊を拝見すると、ご本尊の足の裏のゲタが短いのと、右手の指が折れていることがわかりました。ご本尊が小さいので手の指も小さいうえに、右手は印を結んでいらっしゃるので、本当に直るかと内心不安でした。

仏師さんももっと大きな仏像を想定されていたようで、「小さなノミは持ってきていない」とのことで、どうしようかと思いましたが、「時間はかかるかもしれませんがやってみましょう」と仏師さんが言ってくれたので、まさしく阿弥陀仏様にお任せするような気持ちで仏師さんに託しました。

お天気も良かったので、手元が明るい本堂の縁での作業でした。欠損している指に大きめの木地を接着し、そこから薄く手の形に削り落としていきます。その作業の素晴らしさに感動されていたのか、初めはご住職だけがご覧になっていたのですが、坊守様を庫裏から呼んでこられ、総代さんもお越しになり、実演販売のように職人さんの周りを取り囲みました。

両手が仕上がり古い色を施し、ほとんど違和感なく仕上がりました。ご住職をはじめ、皆さんには大変喜んでいただきました。ついでに上卓の脚がガタガタしていたり、香炉の脚も外れていたりしていましたが、すべて修理いたしました。ご住職には感激していただき、まさに仕事冥利(みょうり)につきます。

修理後の仏像全体図
修理後の仏像全体図

仕事を終え、こういうすぐれた仏師さんや職人さんのご縁で仕事させていただくとことを心から感謝申し上げるとともに、このような技術を後世に伝えていきたいなと思います。