「月刊 香華堂報より_私のお寺巡りnew!」カテゴリーアーカイブ

姫路船場別院本徳寺 真宗大谷派

兵庫県姫路市地内町一番地

船場別院本徳寺本堂

前回の亀山御坊本徳寺様を後にして、山陽電車亀山駅から山陽姫路駅に戻り、船場別院様には徒歩で向かいました。

姫路にはいくつかの屋根付きアーケードがあり、そこを通り抜けて船場別院へ向かいます。お正月ということもあり、閉まっているお店も多かったのですが、いろいろと特色のあるお店があって、これも各地を訪れる面白味です。

アーケードを抜けると船場川に出ます。本山や別院の近くには必ずと言っていいほど、お仏壇屋さんがありますね。

さて、その仏壇屋さんを左に進み、ほどなく行くと船場別院が見えてきます。本堂は典型的な真宗の本堂の形式で入母屋造りの平入りです。説明版によると十七間四面あるそうです。境内は広く、近所の親子連れが凧揚げをされていました。

本徳寺の額

まずは本堂に入りお参りです。本堂は大きく、堂内の虹梁(こうりょう)や長押も金箔押しされていてきらびやかでした。また本堂上には「本徳寺」と書かれた額があり、その左端には「熾仁(たるひと)書」と書かれていました。

後日知らべてみると、江戸から明治にかけて活躍された有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたつひとしんのう)によるものでした。

これは明治二十一年に有栖川宮熾仁親王が、ここ船場別院に逗留(とうりゅう)した際に当時の住職が所望し揮毫(きごう)してもらったようです。

写真手前が望郷塚。後は勤皇の志士八名のお墓。

外に出ると大きな石碑があり、それには「行在所(あんざいしょ)」と刻まれていました。この文字は明治天皇がここで休憩されたことを示します。この行在所は、本堂北側に現存しています。

また本堂・表門・鐘楼・大玄関の四棟は市指定の文化財に指定されています。また、表門の元禄九年の石灯籠も同様に指定されたいます。

他に、境内片隅に「望郷塚」というものがありました。これは第一世界大戦時、境内がドイツ軍捕虜収容所として使用されたときに、捕虜になっていたドイツ人が故郷ドイツの城(望郷塚)を偲んで作ったものだそうです。

また、船場別院は姫路の教育機関としての役割も担い、姫路で始めての中学校がこの境内にあったそうです。現在も境内に船場御坊幼稚園があり、その意思が受け継がれています。

亀山本徳寺から東西分立で分かれたここ船場別院は、興味深いことに「轉亀山(てんきざん)」という山号です。まさしく亀山から移ったことを示す山号だと思いました。

姫路は姫路城を中心に活気のある町です。船場別院も二〇一四年に門徒同朋会館が新築され、より活動的になっています。姫路城を中心に歴史を探訪しに訪れるのはいかがでしょうか。

【勝林寺②】臨済宗東福寺塔頭

【場所】 京都市東山区本町十五丁目七九五

勝林寺庭園

一月二日に座禅体験をし てきましたので、前回の続きをお話した いと思います。

和尚さんのお話が終わりいよ いよ座禅の始ま りです。説明を受けた通りに、 背筋を伸ばし両手をへソの前に置き薄目を開けていたのですが、邪念が入り、和尚さんが どこを歩いていらっしゃるとか、他の人が どのように叩(たた)かれるのかなどが気になり、 最初は数を数えるのを忘れておりました。

しばらく様子を伺っていると、隣の方が一 回目の座禅で叩かれていました。左右の肩 を二回ずつ計四回、バンバン、バンバンと 叩かれていました。その音が結構いい音だったので、さぞかし痛いだろうなあと思いました。

一回目は様子を見る方が多く、 叩かれている方は数人でした。また斜め前 に座った女性は警策(けいさく)を受ける体勢が浅かっ たので、和尚さんがもう少し屈むように手で肩を押さえておられました。

座禅終了の合図は音木(拍子木のようなもの)を鳴らされ、続いて鈴を鳴らされま した。音を聞いて、浅い眠りから目覚めたように思いました。

 

座禅の後に頂いた生菓子と抹茶

二回目の座禅が始まりました。今度は心を落ち着かせ、「いーち、にー」と数えながら呼吸することができました。せっかく 来たので、二回目は叩かれてみようと思い、 和尚さんが近づいて来られたのを薄目で確 認して合掌しました。

一回目の時に女性が指導されていたのを思い出し、両肩を深く さげて正面から叩いてもらいました。予想通り結構痛かったですが、気合を注入され たように思います。自分と同じように思った方が多かったのでしようか、あちらこち らで音が響きました。

その後、法話を聴聞 いたしました。本来の座禅は五十分間、線香一本が燃え尽きる時間らしく、また十二 月一日から八日のお釈迦様が仏様となった 日、成道会(じょうどうえ)までは座禅三味(ざんまい)の期間で、昼間に加えて夜九時からも外で座禅をなさるそ うです。やはり修行は大変そうですね。す べての体験が終わるとオプションでお願いしていた抹茶と生菓子をいただきました。

 

 

その後、正月限定でご開帳されている毘沙門天(びしゃもんてん)を拝観しようと思ったら、本堂には長い列が。私も並んでいると、そこは拝観のための列ではなく、御朱印をもらうためのものでした。

こちらのお寺では二○一五 年から、それまでの一種類だけの御朱印ではなく、季節ごとの御朱印があるようです。 そうされた和尚さんの願いは、一年に何回 も足を運んでいただき、仏法に触れて頂き たいということからだそうです。

私は御朱印はもらわずに、途中から行列を抜けて、 ご本尊を拝観いたしました。毘沙門天像は 高さ145.7cm と等身大に近い堂々とし た仏像です。内々陣の小さな部屋で正座を して仏像の説明を受けましたが、その場所がご本尊に向かって斜めになっています。 これは天上界に向かうことを表しているそ うです。

勝林院では 座禅の他に写経や写仏体験 もされているようです。い ろいろな体験を通して、ま た紙面でもご紹介できれば と思います。

 

【勝林寺①】臨済宗東福寺塔頭

 

勝林寺本堂
勝林寺本堂

【場所】 京都市東山区本町十五丁目七九五

二○一六年を振り返り少し自省を込めて二○一七年の幕開けは座禅をしたいと思い ネットで探したところ、元日に座禅をして いるところはなく、二日にしている東福寺 塔頭勝林寺にネットで申し込みました。

座禅体験は費用一○○○円、オプションで生菓子と抹茶を頼んで一七○○円。他に、正月三ヶ日は御本尊である毘沙門天(びしゃもんてん)のご開帳をされているので、その拝観料三○○円 をプラスして合計二○○円を払いまし た。

今回は自転車で向かいましたが、電車 だとJR奈良線東福寺駅より徒歩十分程で す。坂道が結構きついです。

座禅会場
座禅会場

十時からの開始なので、二十分前に受付 を済ませました。座禅会場は本堂向かっ て左あるに二十畳ほどの座敷で、すでに座布団とその上に腰を支える半分くらいの座布団(座蒲(ざふ))が置いてありました。

胡座(あぐら)を かいて待っていると、次々に参加者が来ら れます。総勢二十四人くらいで、男女比は 半々、結構若い方が多く、中には家族で来 られている方もいらっしゃいました。

時間 になると和尚さんが来られ、ご挨拶と座禅の仕 方をお話されました。和尚さんは市川海老蔵似のイケメンでした。

脚(あし)の組み方は、まず右足を左足の上に乗 せ、左足を右足の注に乗せます。左右乗せることができれば結跏趺坐(けっかふざ)というようです が、片足だけですと半跏趺坐(はんかふざ)というそうで す。片足もできず胡座をするだけでもいい とのことです。

私は何とか右足だけ族提の 上に乗せることができました。眼は半眼で 薄目を開けてくださいとのことでした。手は、まず右手を足の上に置いてその上に左手を置き、親指同士の頭を軽く触れさせま す。

そして、いーち、にーいと一つ数えるごとに息を吐 いて吸ってい きます。十まで数えたらま た一から数え ます。十以上 の数字を数えると、数を数 えることに頭がいって、座 禅に集中でき ないとおっ しやっていま した。

さて、ここまでの説明時には何も手に持 たれていなかったので、座禅には付きも のの長い棒「警策(けいさく)」はないのかなと思って いたら、おもむろに出してこられて、それ がまた当店で扱っている警策の大(長さ 一○八cm)よりも長く幅が広く見えたの で、叩かれたら痛そうと少し不安になりま した。

しかしながら和尚さんが、今回は座禅体験なので、叩いてほしいと願い出た方のみ近づいたら合掌して下さいと言われま したので少しほっとしました。座禅時間は十五分間。五分の休憩をはさんで二回行い ます。

いよいよ座禅のはじまりですが、次回に いたします。お楽しみに。

 

山口~大分 国宝建築見学会(二日目)

 

富貴寺大堂(ふきじおおどう)【国宝】天台宗
大分県豊後高田市田染蕗2395

宇佐(うさ)八幡宮本殿【国宝】   大分県宇佐市南宇佐2859

(左から)富貴寺大堂、富貴寺仁王門
(左から)富貴寺大堂、富貴寺仁王門

 

今回の宿泊場所 は大分富貴近くの「旅庵蕗薹(りょあんふきのとう)」 でした。木の香りが漂(ただよ)う宿で、お風呂も木のお風呂。 旅の疲れをゆっくりとることができ ました。

 

さて、次の日は宿 から歩いて五分程に ある富貴寺大堂へ、 竹林を抜けて徒歩で 向いました。大堂に着きしばらくすると一人の僧侶が来ら れ、両側面手前側 の扉を開きお勤めが始まりました。十五分程でお勤めが終わり、 本堂内に入って見学です。

薄明りの本堂内正面に阿弥陀如来座像が安置され、須弥壇(しゅみだん)もシ ンプルな四角い和様(わよう)、手前の丸柱が阿弥陀像 を守るように立っています。

外へ出て改めて 大堂を正面から見ると宝形(ほうぎょう)造りで四角いお堂のように見えましたが、平面で見ると正面 は三間、側面は四間と、側面が一間長くなっています。

妻木先生によると、野屋根(のやね)を振隅(ふりすみ)にしているので宝形造りになるの 解説を頂きました。ちなみに振隅とは、隅木(すみぎ)(屋根をささえる隅の部材のこと)を45度に しないことを言うそうです。緑の木々を背に したお堂の雰囲気がいいですね。

 

 

宇佐神宮 上宮
宇佐神宮 上宮

その後は宿に戻り帰り支度をし、次はバ スで宇佐神宮に向いました。宇佐神宮は全 国に約四万四千社ある八幡宮の総本宮です。

京都の石清水(いわしみず)八幡宮、福岡の筥崎宮(はこざきぐう)と合わ せて日本三大八幡宮と呼ばれることもあり ます。近年では筥崎宮の代わりに知名度の 上がった鎌倉の鶴岡八幡宮を入れることも あるそうです。

宇佐神宮は境内が非常に広い 神社です。大型駐車場 にバスを停め、本殿の ある上宮まで徒歩で二十分ほどかかりました。上宮までに色々な社(やしろ)が あり、そちらもお参りができました。

 

宇佐神宮 祓所
宇佐神宮 祓所

まず、表参道の商店街 を横目に鳥居を二つ抜け、その先に手水舎(ちょうずや)があったので手と口を清めます。

注目すべきは祓所(はらいどころ)という小さな池です。 手前からせり出した舞台 もあるのですが、そこが、少し幻想的な雰囲気で皆さん立ち止まっていました。

その まま先に進み宇佐神宮上宮に到着です。地 形上、正面左手から入って行くような感じ です。本殿はきれいに朱塗りされています。

ここの本殿は西から第一殿、第二殿、第三 殿と並んでいて、八幡造りという独特な形 式で建てられています。帰りは表参道で皆 さんお土産を買ってバスに乗り込んでおら れました。

 

その後、中津城の横にある「汐湯」という、 海水を使った銭湯に行きました。こちらは 食事場所も併設されているのでこちらで昼食 をいただきました。大正時代の建築でとて も風情のあるお店でした。昼食後は小倉駅 に向かい、新幹線で帰路に着きました。

毎回、国宝建築の解説いただくと、その素晴らしさが分かりますが、その建築の佇まいだけでも魅力があります。全国には、 まだまだ国宝建築がありますので、できる だけ訪ね歩きたいと思います。

山口~大分 国宝建築見学会

 

璃光寺(るりこうじ)五重塔【国宝】曹洞宗
山口県山香山市香山町7—1

功山寺(こうざんじ)仏殿【国宝】曹洞宗
山口県下関市長府川端1丁目

住吉神社本殿【国宝】 山口県下関市一の宮住吉一丁目11—1

 

 

瑠璃光寺五重塔
瑠璃光寺五重塔

今年も妻木先生をお迎えし、一泊二日の妻木会国宝見学会に行っ てきました。

 

新幹線で京都駅を出て約二時間、新山口駅は晴天でした。三十名程の参加者でバス一台に 乗り、目的地の瑠璃光寺まで約三十分。

到 着した駐車場からも瑠璃光寺五重塔が見 え、お天気もよく、青空に塔が映えていま した。この塔は日本の三名塔の一つとしても有名です。他の二つは、法隆寺五重塔 と醍醐寺五重塔です。

個人的には室生寺(むろおじ)五重塔が小さくて女性らしく好みなのですが、この塔も軒の出が北較的大きく、軒反りが軽快で、屋根勾配(やねこうばい)はきわめてゆるく、 しかも、三重以上に縁も高欄(こうらん)もなく、塔身 が細くしまって見えるために格好良く見え ます。

手前に池があるというロケーション も良いですね。

この塔は大正四~五年に解体・修理され、その時出てきた墨書では、 建立年代が嘉吉二年(一四四二年)頃であることが分かりました。屋根は檜皮葺(ひわぶ)きで 下から二重目のみ高欄付きの回り縁(えん)がつい ています。

 

 

功山寺仏殿
功山寺仏殿

次に向かったのは、山口市から少し離れ た下関市の功山寺仏殿です。功山寺には大 型バスが入って行けないので、十分くらい離れたところにバスを止めて、壇具川(だんぐがわ)といいう小川沿いに歩きます。

初 めて訪れる町 を散歩するのも色々な家やお店を眺めら れていいです ね。石段を上 り門を一つくぐった奥の正面に仏殿があります。

この屋根も檜 皮葺きです。二重 屋根に見えます が、正確には一重屋根で、下屋根は 裳階(もこし)という構造材で、柱から出てい る軒になります。こちらも屋根の反 りが素晴らしく、鎌倉時代後期に落成され たとされています。

またこの仏殿は禅宗様の規範とされています。同じ時期に建てら れた禅宗様の建築物は、和歌山県の善福院釈迦堂も国宝ですが、この功山寺仏殿はそ れよりも禅宗様の特徴である繊細さが際 立った建物であるといえます。

住吉神社本殿
住吉神社本殿

次に向かったのは一日目最後の見学地、 同じ下関市の住吉神社本殿です。この住吉 神社は長門の国の一宮といわれ、大阪の住 吉大社、福岡の住吉神社と並んで、古来よ り朝廷から手厚く祭祀を受けたそうです。

手前にある拝殿に隠れて本殿全貌を見るこ とはできませんが、五つの千鳥破風(ちどりはふ)付き一 間社を合の間とともに、一列に連ねた九間社流造(ながれづくり)が特徴的です。

この後、関門海峡を渡り大分に向かいま した。二日目は次回にご紹介します。