「月刊 香華堂報より_私のお寺巡り」カテゴリーアーカイブ

山口別院 浄土真宗本願寺派

 

【住所】山口市小郡花園町3-7

山口県萩市のお寺様に納品があったので、新山口駅近くのホテルに前泊して山口別院にお参りしてきました。

山口別院本堂
山口別院本堂

 

案内によると、以前の山口県には、萩 市には別院、岩国市には教堂、山口市には行政機関である教務所があったそうです。しかし、諸事情により統合が計画され、昭和六十一年、この 新山口駅近くに「本願寺山口別院」を建立、 二○一五年には設立三○周年を迎えられたとのことです。

山口別院は、新山口駅から車で数分で到着する距離にあります。別院回りの駐車場に車を止めてお参りです。仏塔(ストウーパ)を模(も)した丸い屋根に相輪(そうりん)が中央にそびえた近代的な造りになっています。

中は椅子式の本堂です。お参りして一つ特徴的な ものを発見しました。それは長押の上部分 の壁部分や柱にかけて、藤の花の彫刻が垂 れ下がっていることです。

これは建設時に輪番さんのこだわりで設置されたようです が、仏具屋の自分としては、誰が製作し、 どのように設置されたのかとても興味深く拝見しました。

本堂内の藤の花彫刻
本堂内の藤の花彫刻

 

その後は日本海に面した萩市へ向かいま した。萩市へは山口別院から約一時間で到着します。萩市に到着後、萩別院の旧跡が ないかと向かいましたが、今は幼稚園があるだけでした。

少し時間があったので 幼稚園近くの「明倫学舎」という旧萩藩校明倫館の建物を見学しに行きました。ここは元長州藩の藩校で、水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷学校と並び、日本三大学府の一つだそうです。

ここから巣立って行った明治維新の主要人物 は、木戸孝充(桂小五郎)、吉田松陰、高杉晋作などです。 明倫館は藩士の子弟 しか行けませんでしたが、そこで学んだ吉田松陰は、藩士でない者も学べるようにと、私塾「松下村塾」を開き、そこか ら、伊藤博文や山懸有朋らを輩出したことは有名ですね。

館内には各偉人の紹介や発明品の展示が多くあり見応え充分で、ゆっくり見学すると 半日はかかりそうでした。ここで萩の地に藩校ができた理由を館内案内の方が説明して下さいました。

関ヶ原で負けた毛利輝元 が、当時辺境の地である萩に追いやられるのですが、そこに萩藩の中枢を担う人材育成の場を設ける為に建築したという経緯が あるそうです。

 

旧山口別院正門
旧山口別院正門


建物以外にも敷地内には遺構が残され、興味深かったのは、元々、新明倫館の門で あった南門です。この門は、本願寺山口別 院の正門だったそうですが、二○○四年 にここの場所に寄付され戻ってきたそう です。

また、萩市郊外の道の駅には「萩往還(はぎおうかん)」があり、吉田松陰記念館があります。 萩は海に面した静かな町です。修学旅行 で多くの学生さんも訪れるそうです。また 幕末の歴史がお好きな方にはたまらない町ではないでしようか。

顕証寺 けんしょうじ(久宝寺御坊) 浄土真宗本願寺派

 

大阪府八尾市久宝寺4-4-3

築地塀付きの山門

今回は、お盆前にご住職にお会いしたご縁もあり、大阪府八尾市の久宝寺(きゅうほうじ)にある顕証寺様にお参りしてきました。電車で大阪駅へ、そして、天王寺経由で久宝寺駅から徒歩一〇分ほどの所にありました。

駅を降りた案内板には「天文十年(一五四一年)ごろにつくられた町、久宝寺」寺内町の看板があり、その中心が顕証寺様であることがうかがえます。案内板を頼りに駅から歩いていきます。

細い道を一〇分ほど歩くと信号のある二車線の道路が見えてきます。その向こう側には、住宅地の屋根から突き出たように木々が見えたので、どのあたりかなと思いながら進んできます。

そして、また小道を進むと左側に「許麻(ごま)神社」というお宮さんが見えてきました。経験上、神社があるとお寺は近いという思いがあり、周囲を探しますが竹林に隠れて御堂がなかなか見えません。

しかし、小さな地蔵さんを見つけその奥に石垣があったので、そこを進んでいくと、ようやく左手に大きな屋根の妻部分が見えてきました。

顕証寺 本堂

本堂正面に回り山門から入ります。山門は築地塀(ついじべい)付の立派な唐破風仕様(からはふしよう)となっています。境内に入ると正面に本堂が見えます。

それはそれは立派な本堂で、案内によると、桁行(けたゆき)十一間(けん)もあり、梁行(はりゆき)十一行間(けん)もあり、大阪では有数の木造建築物だそうです。境内両側にある親鸞聖人と蓮如上人の銅像が参拝者を迎えてくださいます。

また、境内地右手には「光雲閣」という門信徒会館、左手には鐘楼と墓地があります。

顕証寺 合葬墓

鐘楼のすぐ横、墓地のに石造りの合葬墓は珍しい形をしていて、正面には阿弥陀仏如来像、左右側面にはお名号が彫(ほ)られています。裏面に昭和五年と刻まれていました。当時としては画期的なデザインだったのではないでしょうか。

本堂内に入ると天井が高く、柱などにも金箔が張られ、たいへん荘厳な雰囲気です。

正面上の扁額(へんがく)には「慧燈(えとう)」の文字がありました。ご存知かとは思いますが、この文字は明治天皇が蓮如上人に対して、明治十五年に送られた諡号(しごう)です。このお寺が蓮如上人開基であることから掲げて入れれているのではないでしょうか。

本堂向かって右手の渡り廊下や東長屋、西長屋、庫裏、長屋門などの歴史も古く、特に庫裏は、宝永三年(一七〇六年)と古く、再建された本堂の正徳六年(一七一六年)よりも古いそうです。

また、顕証寺様といえ具ば、毎年の蓮如忌に撒かれる散華(さんげ)が有名です。今年は住職法統継承式も兼ねて勤められたので、八万六千枚もの華皅(けは)が本堂を舞ったそうです。一度、その華やかな法要にもお参りしてみたいものです。

姫路船場別院本徳寺 真宗大谷派

兵庫県姫路市地内町一番地

船場別院本徳寺本堂

前回の亀山御坊本徳寺様を後にして、山陽電車亀山駅から山陽姫路駅に戻り、船場別院様には徒歩で向かいました。

姫路にはいくつかの屋根付きアーケードがあり、そこを通り抜けて船場別院へ向かいます。お正月ということもあり、閉まっているお店も多かったのですが、いろいろと特色のあるお店があって、これも各地を訪れる面白味です。

アーケードを抜けると船場川に出ます。本山や別院の近くには必ずと言っていいほど、お仏壇屋さんがありますね。

さて、その仏壇屋さんを左に進み、ほどなく行くと船場別院が見えてきます。本堂は典型的な真宗の本堂の形式で入母屋造りの平入りです。説明版によると十七間四面あるそうです。境内は広く、近所の親子連れが凧揚げをされていました。

本徳寺の額

まずは本堂に入りお参りです。本堂は大きく、堂内の虹梁(こうりょう)や長押も金箔押しされていてきらびやかでした。また本堂上には「本徳寺」と書かれた額があり、その左端には「熾仁(たるひと)書」と書かれていました。

後日知らべてみると、江戸から明治にかけて活躍された有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたつひとしんのう)によるものでした。

これは明治二十一年に有栖川宮熾仁親王が、ここ船場別院に逗留(とうりゅう)した際に当時の住職が所望し揮毫(きごう)してもらったようです。

写真手前が望郷塚。後は勤皇の志士八名のお墓。

外に出ると大きな石碑があり、それには「行在所(あんざいしょ)」と刻まれていました。この文字は明治天皇がここで休憩されたことを示します。この行在所は、本堂北側に現存しています。

また本堂・表門・鐘楼・大玄関の四棟は市指定の文化財に指定されています。また、表門の元禄九年の石灯籠も同様に指定されたいます。

他に、境内片隅に「望郷塚」というものがありました。これは第一世界大戦時、境内がドイツ軍捕虜収容所として使用されたときに、捕虜になっていたドイツ人が故郷ドイツの城(望郷塚)を偲んで作ったものだそうです。

また、船場別院は姫路の教育機関としての役割も担い、姫路で始めての中学校がこの境内にあったそうです。現在も境内に船場御坊幼稚園があり、その意思が受け継がれています。

亀山本徳寺から東西分立で分かれたここ船場別院は、興味深いことに「轉亀山(てんきざん)」という山号です。まさしく亀山から移ったことを示す山号だと思いました。

姫路は姫路城を中心に活気のある町です。船場別院も二〇一四年に門徒同朋会館が新築され、より活動的になっています。姫路城を中心に歴史を探訪しに訪れるのはいかがでしょうか。

【勝林寺②】臨済宗東福寺塔頭

【場所】 京都市東山区本町十五丁目七九五

勝林寺庭園

一月二日に座禅体験をし てきましたので、前回の続きをお話した いと思います。

和尚さんのお話が終わりいよ いよ座禅の始ま りです。説明を受けた通りに、 背筋を伸ばし両手をへソの前に置き薄目を開けていたのですが、邪念が入り、和尚さんが どこを歩いていらっしゃるとか、他の人が どのように叩(たた)かれるのかなどが気になり、 最初は数を数えるのを忘れておりました。

しばらく様子を伺っていると、隣の方が一 回目の座禅で叩かれていました。左右の肩 を二回ずつ計四回、バンバン、バンバンと 叩かれていました。その音が結構いい音だったので、さぞかし痛いだろうなあと思いました。

一回目は様子を見る方が多く、 叩かれている方は数人でした。また斜め前 に座った女性は警策(けいさく)を受ける体勢が浅かっ たので、和尚さんがもう少し屈むように手で肩を押さえておられました。

座禅終了の合図は音木(拍子木のようなもの)を鳴らされ、続いて鈴を鳴らされま した。音を聞いて、浅い眠りから目覚めたように思いました。

 

座禅の後に頂いた生菓子と抹茶

二回目の座禅が始まりました。今度は心を落ち着かせ、「いーち、にー」と数えながら呼吸することができました。せっかく 来たので、二回目は叩かれてみようと思い、 和尚さんが近づいて来られたのを薄目で確 認して合掌しました。

一回目の時に女性が指導されていたのを思い出し、両肩を深く さげて正面から叩いてもらいました。予想通り結構痛かったですが、気合を注入され たように思います。自分と同じように思った方が多かったのでしようか、あちらこち らで音が響きました。

その後、法話を聴聞 いたしました。本来の座禅は五十分間、線香一本が燃え尽きる時間らしく、また十二 月一日から八日のお釈迦様が仏様となった 日、成道会(じょうどうえ)までは座禅三味(ざんまい)の期間で、昼間に加えて夜九時からも外で座禅をなさるそ うです。やはり修行は大変そうですね。す べての体験が終わるとオプションでお願いしていた抹茶と生菓子をいただきました。

 

 

その後、正月限定でご開帳されている毘沙門天(びしゃもんてん)を拝観しようと思ったら、本堂には長い列が。私も並んでいると、そこは拝観のための列ではなく、御朱印をもらうためのものでした。

こちらのお寺では二○一五 年から、それまでの一種類だけの御朱印ではなく、季節ごとの御朱印があるようです。 そうされた和尚さんの願いは、一年に何回 も足を運んでいただき、仏法に触れて頂き たいということからだそうです。

私は御朱印はもらわずに、途中から行列を抜けて、 ご本尊を拝観いたしました。毘沙門天像は 高さ145.7cm と等身大に近い堂々とし た仏像です。内々陣の小さな部屋で正座を して仏像の説明を受けましたが、その場所がご本尊に向かって斜めになっています。 これは天上界に向かうことを表しているそ うです。

勝林院では 座禅の他に写経や写仏体験 もされているようです。い ろいろな体験を通して、ま た紙面でもご紹介できれば と思います。

 

【勝林寺①】臨済宗東福寺塔頭

 

勝林寺本堂
勝林寺本堂

【場所】 京都市東山区本町十五丁目七九五

二○一六年を振り返り少し自省を込めて二○一七年の幕開けは座禅をしたいと思い ネットで探したところ、元日に座禅をして いるところはなく、二日にしている東福寺 塔頭勝林寺にネットで申し込みました。

座禅体験は費用一○○○円、オプションで生菓子と抹茶を頼んで一七○○円。他に、正月三ヶ日は御本尊である毘沙門天(びしゃもんてん)のご開帳をされているので、その拝観料三○○円 をプラスして合計二○○円を払いまし た。

今回は自転車で向かいましたが、電車 だとJR奈良線東福寺駅より徒歩十分程で す。坂道が結構きついです。

座禅会場
座禅会場

十時からの開始なので、二十分前に受付 を済ませました。座禅会場は本堂向かっ て左あるに二十畳ほどの座敷で、すでに座布団とその上に腰を支える半分くらいの座布団(座蒲(ざふ))が置いてありました。

胡座(あぐら)を かいて待っていると、次々に参加者が来ら れます。総勢二十四人くらいで、男女比は 半々、結構若い方が多く、中には家族で来 られている方もいらっしゃいました。

時間 になると和尚さんが来られ、ご挨拶と座禅の仕 方をお話されました。和尚さんは市川海老蔵似のイケメンでした。

脚(あし)の組み方は、まず右足を左足の上に乗 せ、左足を右足の注に乗せます。左右乗せることができれば結跏趺坐(けっかふざ)というようです が、片足だけですと半跏趺坐(はんかふざ)というそうで す。片足もできず胡座をするだけでもいい とのことです。

私は何とか右足だけ族提の 上に乗せることができました。眼は半眼で 薄目を開けてくださいとのことでした。手は、まず右手を足の上に置いてその上に左手を置き、親指同士の頭を軽く触れさせま す。

そして、いーち、にーいと一つ数えるごとに息を吐 いて吸ってい きます。十まで数えたらま た一から数え ます。十以上 の数字を数えると、数を数 えることに頭がいって、座 禅に集中でき ないとおっ しやっていま した。

さて、ここまでの説明時には何も手に持 たれていなかったので、座禅には付きも のの長い棒「警策(けいさく)」はないのかなと思って いたら、おもむろに出してこられて、それ がまた当店で扱っている警策の大(長さ 一○八cm)よりも長く幅が広く見えたの で、叩かれたら痛そうと少し不安になりま した。

しかしながら和尚さんが、今回は座禅体験なので、叩いてほしいと願い出た方のみ近づいたら合掌して下さいと言われま したので少しほっとしました。座禅時間は十五分間。五分の休憩をはさんで二回行い ます。

いよいよ座禅のはじまりですが、次回に いたします。お楽しみに。