「その他」カテゴリーアーカイブ

姫路船場別院本徳寺 真宗大谷派

兵庫県姫路市地内町一番地

船場別院本徳寺本堂

前回の亀山御坊本徳寺様を後にして、山陽電車亀山駅から山陽姫路駅に戻り、船場別院様には徒歩で向かいました。

姫路にはいくつかの屋根付きアーケードがあり、そこを通り抜けて船場別院へ向かいます。お正月ということもあり、閉まっているお店も多かったのですが、いろいろと特色のあるお店があって、これも各地を訪れる面白味です。

アーケードを抜けると船場川に出ます。本山や別院の近くには必ずと言っていいほど、お仏壇屋さんがありますね。

さて、その仏壇屋さんを左に進み、ほどなく行くと船場別院が見えてきます。本堂は典型的な真宗の本堂の形式で入母屋造りの平入りです。説明版によると十七間四面あるそうです。境内は広く、近所の親子連れが凧揚げをされていました。

本徳寺の額

まずは本堂に入りお参りです。本堂は大きく、堂内の虹梁(こうりょう)や長押も金箔押しされていてきらびやかでした。また本堂上には「本徳寺」と書かれた額があり、その左端には「熾仁(たるひと)書」と書かれていました。

後日知らべてみると、江戸から明治にかけて活躍された有栖川宮熾仁親王(ありすがわのみやたつひとしんのう)によるものでした。

これは明治二十一年に有栖川宮熾仁親王が、ここ船場別院に逗留(とうりゅう)した際に当時の住職が所望し揮毫(きごう)してもらったようです。

写真手前が望郷塚。後は勤皇の志士八名のお墓。

外に出ると大きな石碑があり、それには「行在所(あんざいしょ)」と刻まれていました。この文字は明治天皇がここで休憩されたことを示します。この行在所は、本堂北側に現存しています。

また本堂・表門・鐘楼・大玄関の四棟は市指定の文化財に指定されています。また、表門の元禄九年の石灯籠も同様に指定されたいます。

他に、境内片隅に「望郷塚」というものがありました。これは第一世界大戦時、境内がドイツ軍捕虜収容所として使用されたときに、捕虜になっていたドイツ人が故郷ドイツの城(望郷塚)を偲んで作ったものだそうです。

また、船場別院は姫路の教育機関としての役割も担い、姫路で始めての中学校がこの境内にあったそうです。現在も境内に船場御坊幼稚園があり、その意思が受け継がれています。

亀山本徳寺から東西分立で分かれたここ船場別院は、興味深いことに「轉亀山(てんきざん)」という山号です。まさしく亀山から移ったことを示す山号だと思いました。

姫路は姫路城を中心に活気のある町です。船場別院も二〇一四年に門徒同朋会館が新築され、より活動的になっています。姫路城を中心に歴史を探訪しに訪れるのはいかがでしょうか。