kokadou のすべての投稿

花瓶の彫り増し

 

以前香炉でご紹介いたしましたが、大谷派の花瓶彫り増しのご案内です。お寺でご使用の無地紋付の花瓶を彫り増しして深彫りにすることが可能です。

あまりにもきれいになったので、ご住職もたいへん喜んでおられました。

大きさや状態によって価格は変わりますが、新調の価格の半額程度でできます。詳しくはお問い合わせください。

花瓶の彫り増し

 

特別企画 伝灯奉告法要参拝記(第二回)

 

【本願寺】浄土真宗本願寺派
京都市下京区掘川通花屋町下ル本願寺門前町

響灯(きょうとう)

さて、いよいよ行事鐘が鳴らされ法要の始まりです。参詣席の結界向う側の外陣には、多くの僧侶の方々が出仕され、その光景は圧巻です。法要は散華(さんげ)(念佛)→表白(ひょうびゃく)→正信念仏偈→念仏和讃→回向句(えこうく)と続きました。驚いた点は、正信念仏偈の「依経段(えきょうだん)」と「依釈段(えしゃくだん)」とで、御門主と門前様が阿弥陀堂と御影堂とを代わられたことでした。

これを「ご転座(てんざ)」というそうで、門前様の昭和五十五年の伝灯奉告法要でも行われたそうです。

また、その「ご転座」の際に演奏される雅楽(ががく)では、聞きなれない楽器の音が聞こえてきました。案内によると金属製パイプを円筒(えんとう)状に配して木枠(きわく)で囲み、両手の鉢(ばち)をたたいて奏でる「響灯(きょうとう)」と呼ばれるもので、風鈴(ふうりん)を重厚にした感じの音色で、ウインドチャイムのような涼しげな音がします。

現門主初参式

法要が終わると、現門主大谷宗家ご一家にインタビューです。私たちがいる御影堂は阿弥陀堂の後ろです。その待っている間に、前回の法要の様子がビデオ上映されていました。そのビデオを見ていると、隣に座っているご住職から、ビデオに私が写るから写真を撮ってほしいと頼まれました。

タイミングよく何とか撮影することが出来ましたが、そのシーンは初参式の際に撮られたもので、前裏方様の少し後方にいらっしゃるのがご住職です。その昔、裏方様のお世話係をされていたようです。

いよいよ大谷宗家のご家族が御影堂に入ってこられました。最初に京都幼稚園の園児から大谷宗家の門主様、前裏方様、御門主の皆様に花束贈呈です。

その後、外陣正面に用意されている椅子にご着席されました。向かって左よりご門主、ご子息の敬(たかし)様、ご息女の顕子(あきこ)様 流豆美(るずみ)裏方様と並ばれています。

まず、専如門主のご消息があり、続いてインタビューです。司会の女性が代表で質問をされました。最初に御門主、次に流豆美裏方様、そして敬様の順です。

印象に残ったのは、敬様が答えられるときに手話でしょうか。身振り手振りを交えてお話しされたことです。やはり小さくてかわいいので敬様へのインタビューが一番盛り上がりました。

お見送りをされる裏方様、敬様、職員の方々

インタビューが終わると一同で恩徳讃を斉唱し退堂しました。帰りはお茶どころで解散となりましたが、せっかくなので、お土産屋さんでも見に行こうかと歩きましたら、バスで変えられる御門主様に対し、流豆美裏方様と敬様、職員の方々がバスに向かって手を振っていらっしゃるお姿に出会いました。

すごく微笑ましい光景でした。これからお寺をめぐる状況も様変(さまが)わりしていきますが、大谷宗家の皆様が力を合わせて導いて行っていただけるのではないかと強く思った法要でした。

電動灰ふるい器

電動灰ふるい器
※価格は2017年7月現在です

今回は電動灰ふるい器のご紹介です。お寺様は灰はよく積み重なっていきますね。灰ふるいされるのも一苦労だと思います。

そこで電動式の灰ふるい器はいかがでしょうか。あるお寺の坊守様に試して頂いたところ、「素早く灰ふるいができて楽だわ」とのご感想をいただきました。

お寺様への記念品にもどうぞ。ご家庭向け祥と小サイズと寺院向けの大サイズ、両サイズがセットになった3種類ございます。ご家庭用には灰ならしも付いています。

特別企画 伝灯奉告法要参拝記(第一回)

 

【本願寺】浄土真宗本願寺派
京都市下京区掘川通花屋町下ル本願寺門前町

伝灯奉告法要記念写真本願寺の現門主・大谷光淳(こうじゅん)師(釋専如(せんにょ))は、さる平成二十六年六月六日、前門主・大谷光真(こうしん)師(釋即如(そくにょ))の跡(あと)を受け法統(ほうとう)を継承(けいしょう)し、本願寺住職、浄土真宗本願寺派門主として務められてきました。

その法統を仏祖の御前に奉告し、あわせて、本願念仏のご法義の隆盛と宗門の充実発展とを期して、内 外に就任したことを披露する伝灯奉告法要が、平成二十八年十月から平成二十九 年五月末まで勤められました。

初日の十 月一日は、真宗大谷派(東本願寺)の大谷暢顕(ちょうけん)門首をはじめ、各真宗教団のトップ方や、森川宏映(こうえい)、天台座主(ざす)、伊 藤唯真(ゆいしん)浄土門主も参列されました。

この伝灯奉告法要に、浄土真宗本願寺派京都下東組(そ)、聞光寺様に属する私も、 参拝募集の案内を頂きましたので、五月二十七日に参拝してきました。

法要鞄の内容
本山の法要は午後二時からでしたが、 聞光寺様には午後零時三○分に集合しました。既に四人ほど来ておられました。 まずは本堂にお参りです。

そして、参拝鞄や首から下げる名札に名前を書くなど 持ち物の確認です。鞭の中には、ご門主の著書や参拝パンフレット、本願寺の機関紙の『大乗(だいじょう)』、熱中症予防用の瞬間冷却パック、お菓子、靴袋などが入っていまし た。

気持ち程度ですが、少しお供えをしましたので帰りに腕輪数珠を頂戴しました。 その数珠もこの写真に入っています。

築地堀の三色幕と和幡
少し時間に余裕があったので、本堂で讃仏偈のお勤めをしてから本山に向いました。五分程で本山に着くと、まず目を引いたのが阿弥陀堂門や築地塀(ついじべい)に飾られている三色幕です。

その上、門の両側には真宗寺院ではあまり見かけない和幡が掛かっていました。五色の垂れで彩られ た華やかなものでした。

境内に入りお茶 所へ向かいました。お茶所には足が少し不自由な方が先に来て待っておられました。皆さんと合流し、まずは記念写真の撮影です。聞光寺様のご家族三人を含め、 十人での撮影でした。

その後、御影堂に向いました。聞光寺様の若さんである息子さんは本山にお勤めで、仕事中の本山の職員さんと親しげにお話をされていました。

参拝者は阿弥陀堂と御影堂とに分かれて着席します。私たちは御影堂の、向かって左側前方の椅子席に案内されました。 法要に先立ち挨拶があり、法要の説明がありました。そして法話と続きました。

今までは、法話は法要の後に聴聞するこ とが多かったのですが、法要の前にお聞ききするのは初めてのことでした。

さて、いよいよ法要ですが、 紙面の都合上、次回にいたします。

香華堂オリジナル仏華松『華仏具(はなぶつぐ)』について

香華堂オリジナル仏華松『華仏具』

香華堂オリジナル仏華松(人工松)の『華仏具』、納入した御寺院様からは おかげさまで好評をいただいております。

●大幅な軽量化により、ご高齢の方や女性でも一人で設置&組立が楽々可能です。

●特殊UV加工により紫外線を防ぐ加工で、長期使用への耐久性を付与しました。

●荘厳状態を念頭に制作する為、荘厳具として納得の美観です。

●限りなくオーダーに近い細かなご注文にもお答えでき、様々な本堂各々に、最も似合う形状をご提案できます。

全国各地からお喜びの声とともに様々なご要望が寄せられるようになりましたため、定期的に内容を更新した「華仏具」カタログを発刊し、ご紹介させていただいております。

無料でお届けしますので、どうぞ華仏具の魅力をご覧ください。『華仏具』掲載の仏華松はすべてWEBでもご注文いただけますが、ご寺院様向け 無料出張見積もりサービスもはじめました。(無料地区は近畿/北陸/東海地方のみ)

御寺院様のご希望・ご予算・本堂との調和・見栄えを考慮した お見積もりができます。

仏華松購入をご検討の際は、是非お気軽にお申し込みください。

香華堂オリジナル仏華松『華仏具』

※該当地域以外のお寺様へは、交通費を一部ご負担いただく形で出張見積もりが可能です。時期などがあえば、無料対応も可能ですので一度ご相談ください。