kokadou のすべての投稿

大谷派 上宮寺様

愛知県岡崎市上佐々木町梅ノ木34番地

上宮寺様本堂

今回は、お得意様の紹介で愛知県岡崎市の上宮寺様にお参りしてきました。事前に連絡していましたので、副住職である若院様が丁寧にご案内してくださいました。

最初に庫裏へ通され、そこでパンフレットを頂きました。パンフレットにはお寺の由来が書かれてあり、それによると、仏法興隆のために全国を巡行されていた聖徳太子が、この当地で霊樹を見つけ、その霊樹に自らの像を彫り一宇を建立し、仏法具弘通(ぐつう)の地とされたとのこと。後に天台宗の寺院となったが、第二十三代住職の蓮行が親鸞聖人と出遇い、浄土真宗に帰すことになったことが記されていました。

次に本堂に向いました。本堂は近代的な建物で昭和六十三(一九八八)年の火災後に再建されました。この本堂はインドの精舎(じょうじゃ)をイメージして設計されたそうです。

本堂正面上には「上宮精舎」と書かれた扁額(へんがく)がはめこまれています。 本堂の参拝席は椅子席です。向かって右余間に聖徳太子像があり、その左には親鸞聖人が安置されています。

聖徳太子像も火災で焼失したそうとのことですが、焼失する前に修理をお願いした仏師さんが聖徳太子像の図面を正確に採寸されていたらしく、その図面を元に聖徳太子増を復元されたそうです。火災で沓(くつ)だけがかろうじて残っていたので、それを体内に入れてあるそうです。

二〇一六年に親鸞聖人七五〇回忌法要を厳修され、その記念として親鸞聖人像を新調。京都の東本願寺本山からこの地まで徒歩で二週間かけて運ばれました。

上が蓮如上人、下段は上宮寺第三十代住職如光

ご本尊に向かって左側の壁には蓮如上人と上宮寺第三十代住職如光の二連座像の大きな写真が飾ってありました。実際には掛軸があるそうですが、貴重であるため、大きく複製したものを本堂内に掲げておられます。

この如光という方は、大谷本願寺が比叡山より弾圧されていた時に、親鸞聖人の御真影も奪われた時に、単身比叡山に乗り込み、相撲をとって勇力を見せつけ、御真影を取り戻したと使えられる人物です。別の記録では比叡山に多くの礼銭を送り蓮如上人の危機を救われたとも伝えられます。

そのような功績から御真影の裏に「三河如光ノ寄進」と記され、この掛軸を蓮如上人から贈られたそうです。

佐々木月樵先生

次に宝物館を案内していただきました。数ある宝物の中で特に印象深かったのは、佐々木月樵先生の肖像画です。自分も大谷大学を卒業した身ですから3代目学長のお顔を拝顔すると身が引き締まります。

佐々木先生は清沢満之先生を師と仰ぎ、私塾「浩々洞」にも参加し「精神界」の発刊にも尽力されました。文部省の欧米視察でも宗教分野の代表として私立学校からの唯一の団員として参加したそうです。機会があれば、他の三河一向一揆三ヶ寺(本證寺様、勝鬘寺様)にもお参りできればと思います。

初めてのおまいりセット

 

初めてのおまいりセット
初めてのおまいりセット

※画像をクリックで楽天商品ページが開きます。

初めて子供さんがお寺にお参りされる初参式(しょさんしき)。そのお詣りの記念として、お寺様がお参りされた門徒さんにお渡しする数珠、半袈裟(式章・略肩衣)、数珠入の三点セットで箱入りにして販売することとなりました。半袈裟と略肩衣は、今年、上野動物園で赤ちゃんが誕生したことで注目されているかわいいパンダ柄です。男の子用の緑色と女の子用のピンク色があります。B6サイズまでの小さな書籍を入れることも可能です。

【全宗派OK/お得セット】色の組合わせ自由!おこさま用「はじめてのおまいりセット」紙箱入
●セット内容:お子様数珠(ハリ珠人頭袋)
パンダ柄お子さま数珠袋
パンダ柄お子さま半袈裟
●価   格:税込6,804円

「はじめてのおまいりセット」の数珠に名前彫が可能です!ご希望の方は一緒にご注文ください。
※別途費用をご負担願います。
※納期をご相談させていただきます。

山口別院 浄土真宗本願寺派

 

【住所】山口市小郡花園町3-7

山口県萩市のお寺様に納品があったので、新山口駅近くのホテルに前泊して山口別院にお参りしてきました。

山口別院本堂
山口別院本堂

 

案内によると、以前の山口県には、萩 市には別院、岩国市には教堂、山口市には行政機関である教務所があったそうです。しかし、諸事情により統合が計画され、昭和六十一年、この 新山口駅近くに「本願寺山口別院」を建立、 二○一五年には設立三○周年を迎えられたとのことです。

山口別院は、新山口駅から車で数分で到着する距離にあります。別院回りの駐車場に車を止めてお参りです。仏塔(ストウーパ)を模(も)した丸い屋根に相輪(そうりん)が中央にそびえた近代的な造りになっています。

中は椅子式の本堂です。お参りして一つ特徴的な ものを発見しました。それは長押の上部分 の壁部分や柱にかけて、藤の花の彫刻が垂 れ下がっていることです。

これは建設時に輪番さんのこだわりで設置されたようです が、仏具屋の自分としては、誰が製作し、 どのように設置されたのかとても興味深く拝見しました。

本堂内の藤の花彫刻
本堂内の藤の花彫刻

 

その後は日本海に面した萩市へ向かいま した。萩市へは山口別院から約一時間で到着します。萩市に到着後、萩別院の旧跡が ないかと向かいましたが、今は幼稚園があるだけでした。

少し時間があったので 幼稚園近くの「明倫学舎」という旧萩藩校明倫館の建物を見学しに行きました。ここは元長州藩の藩校で、水戸藩の弘道館、岡山藩の閑谷学校と並び、日本三大学府の一つだそうです。

ここから巣立って行った明治維新の主要人物 は、木戸孝充(桂小五郎)、吉田松陰、高杉晋作などです。 明倫館は藩士の子弟 しか行けませんでしたが、そこで学んだ吉田松陰は、藩士でない者も学べるようにと、私塾「松下村塾」を開き、そこか ら、伊藤博文や山懸有朋らを輩出したことは有名ですね。

館内には各偉人の紹介や発明品の展示が多くあり見応え充分で、ゆっくり見学すると 半日はかかりそうでした。ここで萩の地に藩校ができた理由を館内案内の方が説明して下さいました。

関ヶ原で負けた毛利輝元 が、当時辺境の地である萩に追いやられるのですが、そこに萩藩の中枢を担う人材育成の場を設ける為に建築したという経緯が あるそうです。

 

旧山口別院正門
旧山口別院正門


建物以外にも敷地内には遺構が残され、興味深かったのは、元々、新明倫館の門で あった南門です。この門は、本願寺山口別 院の正門だったそうですが、二○○四年 にここの場所に寄付され戻ってきたそう です。

また、萩市郊外の道の駅には「萩往還(はぎおうかん)」があり、吉田松陰記念館があります。 萩は海に面した静かな町です。修学旅行 で多くの学生さんも訪れるそうです。また 幕末の歴史がお好きな方にはたまらない町ではないでしようか。

お給仕セット

 

今回はお客様にお出しするお給仕セットのご案内です。近年は畳のお部屋が少なくなり、フローリングのお宅では、お客様に直に茶托でお茶と茶菓子を出すと失礼だというお声もお聞きします。

そこで今回は、お盆と茶托や宇物台をセットしたお給仕セットのご案内です。お盆にはスベリ止め加工を施してあり、茶わんなどが滑り落ちる心配はありません。

茶碗はどのセットにもついていますが、茶托と高茶台そして供物台と高月などの組み合わせで9種類の中からお選びいただけます。

御給仕セット

顕証寺 けんしょうじ(久宝寺御坊) 浄土真宗本願寺派

 

大阪府八尾市久宝寺4-4-3

築地塀付きの山門

今回は、お盆前にご住職にお会いしたご縁もあり、大阪府八尾市の久宝寺(きゅうほうじ)にある顕証寺様にお参りしてきました。電車で大阪駅へ、そして、天王寺経由で久宝寺駅から徒歩一〇分ほどの所にありました。

駅を降りた案内板には「天文十年(一五四一年)ごろにつくられた町、久宝寺」寺内町の看板があり、その中心が顕証寺様であることがうかがえます。案内板を頼りに駅から歩いていきます。

細い道を一〇分ほど歩くと信号のある二車線の道路が見えてきます。その向こう側には、住宅地の屋根から突き出たように木々が見えたので、どのあたりかなと思いながら進んできます。

そして、また小道を進むと左側に「許麻(ごま)神社」というお宮さんが見えてきました。経験上、神社があるとお寺は近いという思いがあり、周囲を探しますが竹林に隠れて御堂がなかなか見えません。

しかし、小さな地蔵さんを見つけその奥に石垣があったので、そこを進んでいくと、ようやく左手に大きな屋根の妻部分が見えてきました。

顕証寺 本堂

本堂正面に回り山門から入ります。山門は築地塀(ついじべい)付の立派な唐破風仕様(からはふしよう)となっています。境内に入ると正面に本堂が見えます。

それはそれは立派な本堂で、案内によると、桁行(けたゆき)十一間(けん)もあり、梁行(はりゆき)十一行間(けん)もあり、大阪では有数の木造建築物だそうです。境内両側にある親鸞聖人と蓮如上人の銅像が参拝者を迎えてくださいます。

また、境内地右手には「光雲閣」という門信徒会館、左手には鐘楼と墓地があります。

顕証寺 合葬墓

鐘楼のすぐ横、墓地のに石造りの合葬墓は珍しい形をしていて、正面には阿弥陀仏如来像、左右側面にはお名号が彫(ほ)られています。裏面に昭和五年と刻まれていました。当時としては画期的なデザインだったのではないでしょうか。

本堂内に入ると天井が高く、柱などにも金箔が張られ、たいへん荘厳な雰囲気です。

正面上の扁額(へんがく)には「慧燈(えとう)」の文字がありました。ご存知かとは思いますが、この文字は明治天皇が蓮如上人に対して、明治十五年に送られた諡号(しごう)です。このお寺が蓮如上人開基であることから掲げて入れれているのではないでしょうか。

本堂向かって右手の渡り廊下や東長屋、西長屋、庫裏、長屋門などの歴史も古く、特に庫裏は、宝永三年(一七〇六年)と古く、再建された本堂の正徳六年(一七一六年)よりも古いそうです。

また、顕証寺様といえ具ば、毎年の蓮如忌に撒かれる散華(さんげ)が有名です。今年は住職法統継承式も兼ねて勤められたので、八万六千枚もの華皅(けは)が本堂を舞ったそうです。一度、その華やかな法要にもお参りしてみたいものです。